既卒の人で職務経験の有無による就職のアドバイス

既卒の人は、学校を卒業した後に何らかの職種に就職していた経験のある人もいます。離職した後に就職活動を行っている場合は、特にある特定の職種にこだわりを持って就職活動をする傾向です。特に職務の未経験者に言えることであるが、どうして特定の職種にこだわりを持っているかを訪ねてみると、誰でも納得するような職種に関する根拠を持っている人が少ないです。職務の経験者でも全員が職種に関する根拠を持っているわけではないです。

 

 

既卒でこれまで経験した職種と同じ会社で就職活動を行う際は、実務経験が豊富であるという要素がある事で、同じ職種に就職する事は違和感を感じないです。しかし、既卒で社会人の経験がない人に関して、会社のイメージだけでやりたい仕事を見つける事は、就職活動においてはふさわしい行動ではないです。理由として、仮に会社のイメージだけで入社としても、実際には職務とのギャップがあって、結果的に短期間で退職して、中途半端な人生を送る事になります。

 

 

応募者が大した職務に関する根拠を持っていなくて、特定の職種に様々な理由でこだわりを持ってしまって、結局は自分自身の職務の選択を制限してしまいます。つまり、自分のやりがいのある職種に就職するための損失という方向性に向かう事と同じです。明確な目標が持っていない人であれば、結果的に希望の職種にこだわる傾向があります。

 

 

職務のこだわりを持たないで、営業職や総合職でも自分なりの目標を立てて、職務を経験する事によって自分の財産になるという気構えが必要です。自分の目標を持って職務を多く経験すれば、会社に対する財産として貢献できて、やりがいも自然に生み出せるようになれるのです。

 

参考サイト紹介
既卒の就活 | 今すぐ始める就職チャレンジ
既卒者の求人の探し方や内定後の準備などの情報

 

ニュース - 毎日新聞
既卒についてのニュースはこちら