転職で失敗しないために予定紹介派遣を利用するのも良い

転職してから失敗したと思うこと

 転職先の企業に対して充分下調べをして転職しても、実際に働いてみなければわからないことは沢山あります。職場の人間関係についても、面接の時は雰囲気が良いと思っていたのに実際は派閥があったり社長がワンマンでイエスマンばかりだったという事もあります。また待遇面では申し分ないと思って転職したのに、実際はサービス残業が多かったり休みがとりにくかったりという事もあります。このような事は事前に調べにくく、実際働いている人に聞いてみないと良くわからない事が多いのです。

 

転職で失敗しないために

 このように転職してから失敗したという事がないように、予定紹介派遣という制度を利用するのも1つの方法です。予定紹介派遣は3ヶ月〜6ヶ月程度働いてみてから正社員になるかどうか決められる制度です。自分がここでなら働き続けたいと思い、企業側もこの人材ならうちで働いて欲しいという事になれば契約を交わして正社員になります。一定期間働いているので仕事内容や職場の雰囲気、会社の将来性なども肌で感じることができます。社員になってからこんなはずではなかったのにと後悔することがありません。また今まで働いてきたのと違う分野の仕事をしてみたいが、未知の分野なので不安という場合にも予定紹介派遣を利用すればその仕事の事がよくわかります。