人と接するのが好きかどうかもポイント

人と接する機会が多い職種

 比較的、求人が多い職種として、いわゆる営業職などがあります。こういった職種は、歩合給なども多く、離職率も高く、常に求人が多いです。しかし、向く人とそうでない人がいます。たとえば、人と接するのが好きかどうかというのも大きなポイントとなります。人と話をして、商談をまとめるのは営業の大切な仕事です。人と話すのは苦手という人は、こういった仕事には向いていないと考えるといいでしょう。

 

人と話すのが少ない職種

 たとえば、工場内での作業とかいった職種だと、あまり人と話す必要はありません。自分は人とうまく接する自信がないという人はこういった職種を選ぶと長続きするといえるでしょう。一日中、機械に向かっているのも決して楽ではありません。しかし、いろいろな人とのやりとりに悩むよりはいいといえるでしょう。

 

営業などに向いている人

 一時は、保険の営業なども、よく求人があったりしました。こういった仕事は、お客さんと談笑したりしながら、契約をまとめたりするのです。あの人ならば頼んでもよいと思わせることが大切になるのです。人と接するのが好きで、こういったことに自信があるという人は、こういう仕事を選ぶのもいいといえます。